ストループ効果

  1. 日常に忍び寄るストループ効果について

    こんにちは、助手です。1935年にジョン. R.ストループ,が発表した「ストループ効果」とは、それぞれ意味の異なる刺激が同時に呈示されると刺激に反応する…

  2. ストループ効果の具体例 Bad & Good

    こんにちは、助手です。人は同時に2つの異なる情報がぶつかり合ってしまうことに対して、嫌悪感やストレスを感じます。このような現象を「ストループ効果」と言い…

  3. 認知的な葛藤、ストループ効果とは?

    心理スキルを日常生活に使うべく日々研鑽を重ねる博士と助手の元に、今日も一通のお便りが届いたようだ……博士…

Twitter でフォロー

よく読まれている記事

  1. セールス

    バーナム効果を営業で使うとしたら…
  2. プラシーボ効果

    健康でいるためのプラシーボ効果とは?
  3. コミュニケーション

    本気で稼ぎたいならコミュニケーションを鍛えるべし!
  4. バーナム効果

    マルチプルアウトとバーナム効果の危険な関係
  5. サブリミナルテクニック

    眠る無意識を使うため、僕はA10神経を刺激する
PAGE TOP