雑記(あるいは語りたい話)

バブルの狂気!ダークマネーノベル『マネーマッド』

カネと夢、友情と裏切りの狭間にもがく
著者の実体験を元にしたダークマネーノベル!

1980年代後半。
バブル経済と呼ばれる昭和末期。
高円寺、熱帯夜。

上智大3年、演劇青年「喜志(きし)」が受けた電話の向こうから、
敬愛するパフォーマー・三島さんの「首を切る音」がした。

カネが三島を殺したと思い詰めた喜志は、
カネへの復讐を誓う。
つまりは、稼ぎ狂うこと。


広告屋どうしの相棒「加藤」と日本初のレイヴ発起を決意、
1000万円を無修正ポルノで稼ぎ収める。

カネに荒れる喜志の行く末、
マネーマッド(=カネの亡者)はびこる地獄が姿を現す。

金融屋の襲撃。
暴力。
拉致監禁。
因縁を含められ、背負わされた借金額は3000万円。


裏切り、プライド、女、カネ、生活……。
すべてを失い精神を狂わせ、廃屋にひそむケモノの喜志。

カネが欲しい。
なければ、虫ケラ以下の生活が待っている。

じゃあ、カネに狂わされたおれはどうしたらいい?
決まってるだろ。
奪えるところから、根こそぎ奪うしかない――。

暗く燃えあがった喜志は、
一世一代の復讐劇に、身をやつす。
催眠商法、人心誘導、役者生命、
あらゆるタブーを賭した「ぺてん芝居」の、幕があく。

「バブル」
「グリコ森永事件」
「競馬必勝法」
「拉致監禁」
「美容詐欺」
「芝浦ゴールド」
「ネットワークビジネス」
「催眠商法」

こんなワードが気になったあなたにピッタリの一冊です

(↑をクリックするとAmazonに飛びます)


続報
とても光栄なことに!


『本の雑誌』2019年9月号で
北上次郎さんが書評を載せてくださいました


「北上次郎」さんは
『本の雑誌』の初代の発行人であり
「東日本何でもケトばす会」の略称「東ケト会」の釜焚き名人
目黒考二さんのペンネーム

僕は若かりし頃
椎名誠さんの『哀愁の町に霧が降るのだ』シリーズや
『あやしい探検隊』シリーズの薫陶を受けて
グングン育っていますので

目黒さんのことは(お目にかかってもいないのに)
勝手に良く知っています

そしてその北上次郎さんに
『マネーマッド』を取り上げていただき
望外の評価を与えてくださって幸せです


マネーマッド

◆書籍概要
仕様:四六版 ソフトカバー 336ページ
定価:本体1600円+税
2019年6月13日 初版第一刷

(↑クリックするとAmazonに飛びます)

発行:みらいパブリッシング
カバーイラスト:カネコアツシ
帯文:チバユウスケ

関連記事

  1. 雑記(あるいは語りたい話)

    詐欺の手口を調べすぎて、何も信じられなくなった話

    詐欺と心理テクニックは「どちらも相手の心を読む」点において同じであり、…

  2. コミュニケーション

    げに恐ろしきは、言霊の引寄せ力なり

    言霊(ことだま)の話である。我が国では昔から、言葉には言霊があ…

  3. 雑記(あるいは語りたい話)

    「それでは、お勉強の開始なのです」

    illustration 桜もよん『相手に響く伝え方人生を…

  4. 雑記(あるいは語りたい話)

    悟りのために修行をするのではない。修行そのものが悟りである

    雪に埋もれる永平寺に参禅してきた。案内図にそって、東司、僧堂を…

  5. 雑記(あるいは語りたい話)

    言いわけなく。彼らの死は僕のせいだ。

    いまから22年前。猿がいた。僕が新しくオープンした店の…

  6. 雑記(あるいは語りたい話)

    【無意識が愛したシリーズ】大阪カレー

    「ラーメンとカレー、どっちが好き?」そう聞かれたら、僕は間髪を入れ…

Twitter

よく読まれている記事

博士と助手の心理ラボ

こんな記事も人気です

  1. コミュニケーション

    心理テクニックを使う上で一番大切なこと
  2. サブリミナルテクニック

    ミラーリングの密かで正しい使い方
  3. サブリミナルの力

    うつ病治療の世界的リーダーが語った絶対的な真実
  4. ビジネス心理学

    モチベーションアップのためのピグマリオン効果とは?
  5. カリギュラ効果

    【男性の閲覧禁止!】効きすぎてヤバいカリギュラ効果とは
PAGE TOP